日本亭

スポンサードリンク
退職届の書き方

退職届の書き方

退職届の書き方

退職届を書いていくには、いくつかのマナーがあり、まずはそちらの書き方について把握しておきましょう。基本的には縦書きとなりますが、横書きで書いても大丈夫とされています。

文字を消すことができる鉛筆などではなく、ボールペンまたは万年質などを使用するようにします。ボールペンは消せる商品も販売されていますが、そちらは使用しないほうが良いでしょう。ボールペンの色は黒を使うようにしましょう。

押印も必要となるので、そちらも用意しておくようにします。縦書きの場合は右に退職届と書いて、次の行の一番下に私事、または私儀、と書きます。3行目に退職する理由を書いていき、退職する理由としては、どのような理由でも一身上の都合でと書いていきます。退職理由の後に自分の名前や会社名、社長の名前を書きます。



スポンサードリンク



退職願いと退職届の違い

退職願との違いについて分らない方も多いですが、そちらも一緒に把握されておくと良いです。まず退職願としては、文字の通り退職を会社に伝える、お願いするというものになり、こちらは後で撤回することができます。

退職届はもう辞めるという強い意志を伝えるものとなり、こちらは撤回できないものとなります。辞めるかどうか迷っている、会社側の意見も聞きたいという場合であれば、届けよりも願いのほうを出すと、気持ちが変わった時に撤回することができるので、願いのほうを選択されたほうが良いです。

もう辞める意志が固まっているという方は、願いよりも届けを出して辞める方向で話を進めていくようにしましょう。他にも辞表というものがありますが、こちらは公務員の方や役員の方が提出するものとなるので、一般の社員の方は使う必要はありません。





退職届の郵送方法

直接渡すことが基本となりますが、会社側で受理しない場合や、会社から送ってくれと言われた場合は退職届を郵送することになります。用意する封筒ですが、こちらは茶色の封筒は使わずに白の二重封筒を用意するようにします。

二重封筒にする理由としては、重要書類に分類されるためとなります。また、郵便番号が書かれていないものを選ぶようにしましょう。こちらは手渡しする書類となるためです。封筒には退職届のみ入れるのではなく、添え状も用意するようしたほうが良いと言われています。

添え状は特に決まった文章などはないですが、誠意が伝わる文章を書いていくようにします。封筒に入れる用紙は受け取った方が読みやすいようにするため、三つ折りにして入れるようにします。

退職届のテンプレート

どのようなものか把握をするのと、簡単に退職届を作成できるように、テンプレートを載せておきます。

            退職届

                    平成29年5月24日
株式会社会社名
代表取締役社長 苗字 名前 様



                         私事、
 この度、一身上の都合により、
来たる平成29年5月24日をもって、退職いたします。

                         以上

                   会社名部署名配属課

                    苗字 名前 押印

こちらを参考に作成していくのも良いでしょう。他にも、インターネット上でダウンロードすることができるテンプレートはたくさんあるので、そちらをダウンロードするという方法もあります。今勤めている会社を辞めるかどうかを検討しているという方でも、日付は記入しないでおき、書いて作成しておくことで、退職の手間を軽減することができます。




退職届の用紙

退職届に使う紙はどれを使えば良いのかわからないという方もいるでしょう。使う紙としては、線もなにも無い白紙のものが推奨されています。コピー用紙を使っても良いのかという疑問も多いですが、コピーの紙を使っても特に問題はありません。

綺麗に書くために罫線が入っていている紙を使っても大丈夫です。ノートの紙やルーズリーフの紙を使っても良いのかという疑問をもたれる方もいますが、そちらの使用はダメとなります。

基本は白紙のものとなるので、できるならば罫線の入っていないものを選ぶようにします。大きさとしてはA4かB5のものを選択するようにします。退職願の用紙と封筒がセットで販売もされているのでそちらを購入されても良いかと思います。