日本亭

スポンサードリンク
DMMサービス一覧

DMMは多種多様なサービスを行っていた

「DMM」というと、よくテレビCMでもその名前を目にするため、ご存知の方も多いかと思います。ところが実際にどんな業務を行っているかはあまり知られていません。おそらく漠然と「インターネット上の会社」「ビデオ等の販売をしている」といったイメージを持つ方が大多数であると思われます。

決してそれらのイメージは間違ってはいないのですが、実はそれに加えて多種多様な領域でのサービスを提供しているのです。中には「こんなことまでやってるの?!」といった意外なサービスもありますので、詳しく見ていきましょう。

これを詳細に知ることで、DMMのトップページから飛ぶことのできる世界の広さに驚き、訪れるのが楽しみになるかもしれません。

スポンサードリンク



DMMの動画サービス

DMMといえばやはり動画サービスです。そのカバー領域はとても幅広く、有名なアイドル・アニメ動画はもちろんのこと映画・ドラマ・格闘技・バラエティなど豊富な品揃えで、テレビでは見ることのできない昔の作品やマイナーなジャンルのものを探し当てることができます。

また他の配信サービスとは違い、登録は無料ですので月額料金を取られず、見たいものだけを選んで買うことが出来ます。単品で一番安いものは数十円からとお手頃なため、気軽に登録・購入が出来る点が大きなメリットでしょう。iPadやPS Vitaなど各種デバイスにも対応しているため、視聴環境も選びません。

この領域においてはDMMの業界最大手というスケールメリットが遺憾なく発揮されていると言えます。




DMMのゲームズ

「動画」のイメージが強い代わりに、こちらはやや印象が薄いかもしれませんがDMMはゲーム配信もその数において非常に大きなものを誇ります。ゲーム事業を始めたのは近年になってからですが、2013年4月にリリースされた「艦隊これくしょん(艦これ)」が大ヒットを飛ばしたのは記憶に新しい出来事です。

他のゲーム会社が時代の流行とともにスマートホン対応のものに傾斜していくなか、PCでも出来るゲームが多いというのがDMMゲームズの特徴です。ゲームというと男性向けのものが多い中、女性向けゲームにも力を入れているため、女性ゲーマーの方も「男性向けばっかりなんじゃ」というイメージを捨てて一度ご覧になってはいかがでしょうか。




DMMのゲーム一覧

そんなDMMゲームですが、一覧を見てみるとスマホ対応よりPC対応のもののほうが数が多く、またジャンルでいうとMMO、RPGやシミュレーションの比率が高くなっています。一時期の「スマホ片手に、手軽に」という風潮から一線を画し、「ブラウザだけれどじっくりゲームがしたい」をいう層にピッタリだと言えます。

またR18作品が充実しているのも特徴と言えるでしょう。R18といってもしっかりした作りの作品も多く、また登録・開始はほとんど無料ですので「興味はあったけど買うのは恥ずかしい」という方はためしに覗いてみるのも良いかと思います。

むろんのこと18歳未満の方は警告画面が出ますので、アクセスしないように注意しましょう。



DMM証券サービス

ゲーム・動画といったサービスから一転して、意外ですが少しお堅い「証券」サービスもDMMで提供されています。印象的なテレビCMを思い出す方も多いでしょう。DMMのFX・証券サービスの強みは「手数料の安さ」「ツールの使い勝手」の二つでしょう。

チリも積もれば山となるの言葉通り、細かく売買をする場合には手数料は少額であっても大きな差になってきます。またツールはPC、スマートホンそれぞれに数種類ずつ用意されており、スピードを要する勝負をサポートする強い味方となっています。

少額から始められるサービスも多数ありますので、FXをやってみよう、という方はまず低額・低リスクなところから始められてはいかがでしょうか。